腸内フローラ

腸内フローラって何?

 

人間の腸内には600兆を超える細菌が生息しており、グループごとに分かれて小腸から大腸にかけて分散しています。顕微鏡によって腸を覗くと、腸内細菌はまるでお花畑のように見えるそうです。細菌がそれぞれの色を持っていてまばらに散らばっていることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。腸内フローラを整えることでダイエットに成功したり病気が治ったりするほど、腸は健康の源であることが最近になって話題になっています。

 

腸内フローラのバランスが崩れるとどうなるの

腸内フローラのバランスが崩れると、体内に悪玉菌が増加します。揚げ物やジャンクフードを普段から多く食べている人は、善玉菌よりも悪玉菌の方が多いと言われています。悪玉菌が腸内で有害物質を作り出すと便秘や下痢を引き起こす。その結果余分な老廃物を腸内に貯めることとなり、ニキビや吹き出物ができやすい体質になります。そして毒素を排出できなくなると大腸がんなどのリスクが高まるため、バランスの良い食生活を必要とします。

 

腸内細菌の種類と量

腸内細菌は大きく分けて3つに分類されます。有名なビフィズスなどの善玉菌は腸の運動を促して調子を整える作用がありますが、反対に腸内で有害物質を作る悪玉菌も存在します。悪玉菌はさまざまな病気を生み出す原因とされていて、黄色ブドウ球菌がその一種です。またどちらにも属さない日和見菌と呼ばれるものは善玉菌ほど威力はありませんが、体の調子を整える作用があります。腸内で悪玉菌よりも善玉菌の数が多いほうが、より健康な体であると言えます。

 

腸内フローラを増やす方法

現在は飽食の時代ですから、食生活がかなり乱れています。特に揚げ物やジャンクフードは体内で悪玉菌を増加させてしまうため、極力は避けたいものです。しかしヨーグルトや納豆などを普段から摂取していれば、善玉菌を増加させてくれる働きがあります。中でも納豆菌は善玉菌の中でも威力が高く、かなり健康な要素を持っているため、なるべく毎日食べるのが理想です。汗をかくスポーツをすることで腸内の善玉菌を増やす作用がありますが、発酵食品で補うことも可能です。

page top